秋田県大仙市 横手市 湯沢市の整体 /自律神経失調症/婦人科疾患/慢性頭痛 肩こり 腰痛/スポーツ障害/猫背/骨盤矯正/アクシスメソッド

自律神経失調症

電話はこちらへ

画像の説明

画像の説明


自律神経失調症とは?

自律神経とは生命活動に関わる大切な神経です。

「病は気から」とか、「ストレスが原因で病気になる」などと言われることがありますが、自律神経が乱れることで心と体のバランスが崩れます。

そのため、自律神経失調症は不定愁訴と呼ばれ、原因がよく分からない症状の事を指します。

自律神経は交感神経と副交感神経の二種類があり、この二つは交互に働き、日中は交感神経が優位になり夜や寝ている間は副交感神経が優位になります。

画像の説明

このバランスが崩れてしまうことで体内リズムがうまくとれなくなり症状を表すため、これが原因だと断定するものが見つかりません。

症状の強さや種類、また身体的な問題なのか精神的なのかというものは人によって様々であり特定できていません。

症状も1つではなくハッキリとした症状の診断が出来ないために、うつ病とも診断されてしまうこともある疾患です。

画像の説明


自律神経失調症改善のポイント

ホルモン分泌の正常化を図る

自律神経はホルモンの働きを左右します。

つまりホルモンの分泌状況が正常でないということは交感神経と副交感神経の切り替えがしっかりと行われていないということになります。

自律神経のバランスをとるために必要な事はホルモンを放出する臓器や脳みそに十分に血液を送る必要があります。


下垂体、松果体の機能の正常化

頭蓋内部にある下垂体と松果体の二つの器官は他のホルモン分泌器官に比べてその過不足によって自律神経失調症の症状を表す原因にもっとも近いとされています。

下垂体や松果体は頭蓋のゆがみによってその働きが妨げられてしまうので、頭蓋が柔軟性を保つように調整していくことが必要です。


副腎の働きの正常化

副腎は一般によく耳にする「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」を分泌する器官です。

このホルモンの分泌が正常にできないと、気管支の拡張(大きく息を吸ったり)、心拍数の増加(緊張したり)、血糖上昇(エネルギーの増加)の調節が出来なくなるために、夜は寝ているつもりでも体が休まっていないような状況になってしまいます。


画像の説明


整体事例とご感想

画像の説明
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません

画像の説明
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません
画像の説明
※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません


画像の説明


画像の説明


画像の説明


画像の説明


自律神経の乱れでお悩みの方を「健康な身体」へ導きます!



画像の説明

▼スマホの方はクリックで電話できます▼

今すぐ電話する



▼ラインからご予約の方はこちらをクリック▼
画像の説明

※ライン予約の流れです▼
●お名前●電話番号●気になる症状を簡単に●予約日時(第1希望、第2希望)など必要事項をご記入くださいませ

※施術時間外・出張・外出で電話に出れない場合のご予約・ご連絡はラインでお願いします

※お電話が苦手な方もラインからご連絡ください

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional